住宅セーフティ ネット制度をご存知ですか?



住宅セーフティネットとは、住まい探しに苦労している方々に、円滑に住宅を供給することが出来るよう、国土交通 省が主導して県・自治体を中心に居住環境をサポートする仕組みです。
この仕組みでサポートされるのは低所得者、災害被災者、高齢者、障がい者、外国人、子育て世代等となっています。
でも、要支援者と聞いてしり込みしてしまう大家さんも多いのではないでしょうか?

揉め事の原因にならないか?
改装が必要なのではないか?
家賃の保証はあるのか?
心配事は皆さんお持ちだとは思いますが、

このような住宅要支援者を円滑に入居させるため、大家さん (大家候補者)が利用できる支援金も存在しています。
現在空き家を保有されている大家さん(大家さん候補)の皆様には、魅力的な支援金制度です。


項目
補助金額
支援対象内容
登録住宅の改修に対する支援
掛かった費用の3分の2(国3分の1+地方3分の1)
補助限度額(50万円+50万円)
バリアフリー 工事
耐震改修
用途変更など
低所得者の入居負担軽減
のための支援措置
家賃低廉化のための補助金
補助限度額(国+地方で2万円+2万円)
専用登録住宅のみ利用可能とする。
地域によって実施しない可能性あり。

※いずれの支援金も活用には各種条件があるので、活用対象については事前に問い合わせが必要となります。

さらに、住宅セーフティネットに登録すると国土交通省の運営す る情報サイトに登録されます。
これによって、入居を促す告知が簡単になり、空き部屋で悩む必要がなくなる可能性があります。
こ んなサイトで全国的に告知されます

一度には理解しにくい制度ですが、ざっくりいうと「住居探しに困っている人を助けますよ。」
「制度に協力してくれる大家さんにも一定の補助を付けますよ。」というのがこの仕組みの概要 です。
まだ出来立てホヤホヤの制度ですので、今後条件や補助額の変更があるかもしれません。
大家さんや、大家候補者の皆様は空室・空き家をうまく活用する手段の一つとして研究してみるのもよいでしょ う。

まずは概要として大家さん向け受け入れ ハンドブック(PDF)


受 け入れハンドブックの詳しい説明(PDF)


詳し い制度の説明や、地域による対応の違いなどはこちらに問い合わせてみましょう
いずれの情報も国土交通省の正式な発表物です。

お電話での制度に対するお問い合わせは各都道府県や政令市となっております。
地域によって細かい適用基準が設けられていることもあります。
まずはお近くの地方公共団体の住宅課や住まい環境課へお問い合わせください。
各地域の公共団 体窓口
inserted by FC2 system